青いレール.com(プラレールレイアウト)

ママさん、パパさん達のプラレールレイアウトを応援!知育おもちゃ「プラレール」のつながるレイアウトを多数紹介しています。

現在、333 レイアウトを公開しています。※ 画像容量を大きくしています データ定額サービスでのご利用をお勧めします。

Google Promotion (bluerail_top)

Uターンレール・謎の四角穴に複線ブロック橋脚置いてレイアウト(謎は解決済)

Uターンレールは複線レ―ルの間隔をくるっとターンさせて、
電車の走行方向を反転させてくれる便利なレ―ルパーツです。
そのUターンレールには「謎の四角穴」が開いていて、
どのように使うのか?それとも使わないのか?真実は分かりません。
ただ、ブロック橋脚の足のサイズにピッタリなので使わない手はありません。

この記事はその後、公式な使い方が判明しましたので、
勝手な想像に基づくものです。

 

Uターンレール・謎の四角穴に複線ブロック橋脚置いてレイアウト

まず、何が「謎の四角穴」なのか?ですが、
それはUターンレールを見れば分かります。

何やら四角い穴が開いています。

oyg-p0000000001_install_09

謎穴・Uターンレール・謎の四角穴に複線ブロック橋脚置いてレイアウト

 

普通に考えれば、橋脚足用の穴だろうなと思うのですが、
この穴に「ブロック橋脚(複線)」を置いても、
寸法的にピッタリくるレールがあるようには思えないので「謎」としています。

 

実際に「謎穴」を利用しているレイアウトがこちらです。
で拡大図にしている部分が謎の穴にブロック橋脚の足を入れて、
ブロック橋脚を置いている部分です。

org-p0000000119-1

レイアウト・複線間隔をUターンレールで解決し通常レールでレイアウト3

上に載っているレールは「1/2直線レ―ル」ですが、
接続位置が、ブロック橋脚の真ん中にくるわけではなく、
0.48cm(4.8mm)ズレています。

もし、ブロック橋脚用として用意したのであれば、
もう少し穴をズラせば合うように作る事ができたはずなので、
ちょっと目的が違う用途なのかなと思うのです。

ですが、しっかり使えるので一つの選択肢として覚えておくと便利です。

こんな感じです。

org-p0000000119-p2

Uターン四角穴に橋脚足を立てる・複線間隔をUターンレールで解決し通常レールでレイアウト3

 

実際にレイアウトに採用してもちゃんとうまく収まります。

この収まりっぷりは、それ用としか思えないのですが、
何でずれたんでしょうね。

(追記)橋脚の向きが違うし、複線じゃなく通常の橋脚を入れるんだよ!ここは。

oyg-p0000000001_install_07

謎の穴を使う1・Uターンレール・謎の四角穴に複線ブロック橋脚置いてレイアウト

 

綺麗なものです。

oyg-p0000000001_install_08

謎の穴を使う2・Uターンレール・謎の四角穴に複線ブロック橋脚置いてレイアウト

 

このような方法も覚えておくと、
レイアウトの幅がひろがるのではないでしょうか。

 

その他のレイアウトのコツ・テクニック

以下で、その他のレイアウトのコツ、テクニックをご紹介しています。

 

その他のオリジナルプラン

以下で、弊サイトオリジナルのレイアウトを多数紹介しています。

お役に立ちますと幸いです。お読みいただきありがとうございました。

SNSで是非、お友達などへご紹介お願いします

更新日:

その他紹介のレイアウト・プラン

以下で、弊サイトオリジナルのレイアウトを多数紹介しています。
現在、333 レイアウトを公開しています。 よりシンプルな形状レイアウトは以下でご紹介しています。 タカラトミー公式のレイアウトも図面化を行っています。
短縮URL:https://wp.me/Pa9oLc-wx

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: https://青いレール.com/tips-for-layout/u-turn-block-base-w/

Google Promotion (bluerail_btm)

レイアウトテクニックとコツ

レイアウトがちょっと楽に楽しくなるコツなどをご紹介しています。

ご意見・ご指摘・報告などお気軽にご入力ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

レイアウトを実際に作ってみたよ!というご報告を頂けると、とても嬉しいです。
お写真を添えて、是非共有ください。