青いレール.com(プラレールレイアウト)

ママさん、パパさん達のプラレールレイアウトを応援!知育おもちゃ「プラレール」のつながるレイアウトを多数紹介しています。

現在、333 レイアウトを公開しています。※ 画像容量を大きくしています データ定額サービスでのご利用をお勧めします。

Google Promotion (bluerail_top)

複線幅 6cm を通常レールで誤差最小に収める組み合わせを探す

複線パーツはレイアウトを盛り上げてくれる便利なパーツですが、
レ―ルの間隔が6cm(60mm)になっていて、他の通常パーツでは調整する事ができません。
かといって、複線幅広ポイントレールなどに頼って安易に処理するのも、
なんとなくつまらないレイアウトになりがちです。(個人の感想)
通常のパーツでなんとか綺麗に複線レールとの接続ができないだろうかと、
試行錯誤を行って、様々な組み合わせを模索してご紹介しています。

複線幅6cmを通常レールで誤差最小に収める組み合わせを探す

複線幅6cmを、通常のレールで綺麗に生み出す組み合わせは、
まだ私は見つけることができていません。

それでも、少しずつですが、誤差がほぼないと言えるくらいの
ずれの少ないレイアウトを見つけていますので、それぞれご紹介しておきます。

まず、複線パーツのご紹介。

プラレールには分岐の幅が6cm(60mm)の複線パーツがあります。
※この他に、複線渡りや複線ターンアウトもあります。

idea-p000000038-0

複線パーツ・〔6〕複線幅6cmを通常レールで誤差最小に収める組み合わせを探す

 

この6cmがくせ者で、通常レールでこの6cmを作り出すのが結構大変なのです。

 

1/4直線パーツで合わせる

普通「1/4直線」のパーツを使うと、
誤差5mmちょっと(設計上6.5mm)までは簡単に調整ができます。

レイアウト全体の大きさが大きければ、それでも十分につながるレイアウトになるはずです。
プラレールすごいなと思う限りです。

 

Yの字ポイントの独特な移動距離を活用する

「Yの字ポイントレール」は単線を「1/2直線レール」幅の複線化をするパーツです。
中心で考えれば「1/4直線レール」分を、
直線レール1本の移動の間にズラしてくれるパーツでもあります。

この他にないズレを生み出すレールを活用して6cmの複線幅を調整します。

 

【お勧め!】ターンアウト分岐のズレ6.27cmを使って、6cmを0.27cmのズレに吸収する

「ターンアウトポイントレール」は曲線レール1本が直線レールから分かれた形で、
曲線レールを横寝かせした時の高さ方向の移動距離(6.27cm)の分岐を持っています。

この6.27cmをうまく活用して、
複線幅6cmのズレを、0.27cmのズレまでに縮めることができます。

 

形状で合わせる

誤差が大きい場合でも、レイアウトの形がぐるっと回るような形だと、
つなぎ目がかなり大きく動くようになりますので、
誤差が大きくても難なくつなぐことができます。

 

なぜ、通常レールでレイアウトしたいのか?

そもそも複線パーツを複線以外で使いたいと思った発端が、
自動ポイントレールの存在です。

idea-p000000047_ins_02

進行方向に凸接続・自動ポイントレール(R-16)

 

このポイントレールは、手前方向から進んできた電車を、
自動で3方向に順番に切り替えて走らせてくれます。

その2つの行き先が、複線レールになっています。

ですので、複線パーツを使ってそのまま延長して使うという想定なのでしょう。

複線パーツのレイアウトは単調

複線パーツでレイアウトを作った場合、
以下のようなレイアウトが一般的なのではないでしょうか。

これは息子が自発的に作成したレイアウトです。

※これ以降「曲線外側レール」は使用しています。

これだと、複線方向の分岐はどちらも行って来いの単調な動きをします。
せっかくの自動ポイントレールに、逆向きから入ってきますので、
自動ポイント切り替えは戻る時には使われません。

そして、小判型に一度入ると二度と出れなくなるという。

小判から戻れるようにレイアウトを組み替えても、
このようになる程度で、自動ポイントレールには逆向きで戻ります。

 

「複線パーツの戻りはUターンレール」という基本パターンでは、
あまりにも、自動ポイントレールがかわいそうなのです。

 

そこで、単純な変更ではありますが、
戻りも常に、自動ポイントレールの切替が効く走行方向に戻すレイアウトを作りました。

ものすごく単純な事ですが、
これだけで3つの分岐方向それぞれで、違うルートを通すことができます。

これは以下でご紹介しているものです。

複線パーツの複線幅(6cm)の寸法調整すらいらない方法が、
結果的にみつかってしまったので、

ここでご紹介した方法も使い道は減ってしまいましたが、
それでも、3つの分岐をそれぞれ別々のレールレイアウトへ走らせたい。

それが、この検討を行った最初の考えでした。

「曲線外側レール」と「Uターンレール」をうまく併用すると楽しい

「曲線外側レール」と「Uターンレール」をうまく併用すると、
思ったより面白いレイアウトが作れるので、色々試してみてはいかがでしょうか。

 

何かのご参考になりますと幸いです。

 

その他のレイアウトのコツ・テクニック

以下で、その他のレイアウトのコツ、テクニックをご紹介しています。

 

その他のオリジナルプラン

以下で、弊サイトオリジナルのレイアウトを多数紹介しています。

お役に立ちますと幸いです。お読みいただきありがとうございました。

SNSで是非、お友達などへご紹介お願いします

更新日:

その他紹介のレイアウト・プラン

以下で、弊サイトオリジナルのレイアウトを多数紹介しています。
現在、333 レイアウトを公開しています。 よりシンプルな形状レイアウトは以下でご紹介しています。 タカラトミー公式のレイアウトも図面化を行っています。
短縮URL:https://wp.me/Pa9oLc-C3

QRコードからもこのURLを開けます。
リンク先URL: https://青いレール.com/tips-for-layout/adjust-width-6-cm/

Google Promotion (bluerail_btm)

レイアウトテクニックとコツ

レイアウトがちょっと楽に楽しくなるコツなどをご紹介しています。

ご意見・ご指摘・報告などお気軽にご入力ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

レイアウトを実際に作ってみたよ!というご報告を頂けると、とても嬉しいです。
お写真を添えて、是非共有ください。